ニート・フリーターでもどうにかなる人生

孤独なフリーランサーの性交渉事情とネットSNS

フリーランサーの収入は不安定で、どうしても資金繰りに不安が尽きません。仕事がない、不振な時はもちろんのこと、たとえ今年儲かっていたとしても、来年にはどうなっているかわからないのです。そういった生活が続くと、次第に出費そのものを渋るようになっていき、そして出費を渋るうちにあらゆる欲望が少しずつ減退していってしまいます。これは購買欲などだけではなく、性欲もまた同様なのです。またフリーランサーはどうしても一人で居ることが多くなりがちなため、一人の生活に慣れていくうちに他人との交流が薄くなっていく傾向があります。こうなるとたとえ性欲があったとしても、機会を持つことも難しいのです。

【フリーランサーは性欲とどう付き合っていくべきか?】

フリーランサーの性欲が減退しがちであることと、その理由についてはお話しました。しかしそれが事実だとして、どう向き合っていけばよいのでしょうか。答えは自由です。減退していく性欲をそのまま受け入れ、一人で静かに生きていくのも一つの人生ですし、フリーランサーであることと性欲を持つことを両立させるのもまた一つの人生です。どちらの生き方も、決して間違いではありません。

【どうやって機会を獲得するのか?】

もしもあなたが性欲を持ったまま生きていくことを決めたとして、次に問題になるのはその機会です。御存知の通りフリーランサーは基本的に孤独な生き方で、会社のような他人と交流する場や機会をあまり持ちません。他人との関わりが薄ければ当然異性との関わりも薄くなりますので、性欲があったところでそれを発揮する機会を得ることが難しくなるのです。こういった時に利用できるのは、やはりネット上のコミュニティでしょう。フリーランサーの必需品であるパソコンとネット環境があればそのまま参加でき、なおかつ他人と交流を持つことができる貴重な場です。ただし出会い系などの性交を目的としたコミュニティは様々な危険が伴いますし、そもそも信用性が著しく低いので避けた方が無難です。まずは趣味などの同士が集まるコミュニティに参加し、そこから関係を築いていくのがよいでしょう。ただし、性欲に流されるような形で性急に関係を求めたり、浅はかな肉体関係を持ったりするのはNGとなります。倫理的な問題はもちろんのこと、コミュニティ内部で悪い風聞が立てばそこに所属し続けることさえ難しくなってしまうでしょう。

【いざという時のバイアグラ】

ただし……もしも、いざそういう機会を得たとしても、一人で居た期間が長いと、意外と勃起しません。待ち望んでいたのだから問題ないと思うかもしれませんが、あんまりにも久々の行為であったり、あるいは期待しすぎていたりすると逆に勃起しにくくなってしまうことがしばしばあるのです。そのような場合はやはり、医療機関にかかるのが一番です。症状によっては心因性の勃起不全としてバイアグラが処方されることもあるでしょう。現在は技術の発展に伴ってバイアグラも安全性が向上させつつ価格を抑えたものが普及しており、また医者の診断をしっかり受けた上で処方すれば危険性も非常に少ないものとなっています。少々気恥ずかしさはあるかもしれませんが、自分のためにも相手のためにも、そういう場合は素直に医療機関にかかって医師の指示を仰ぎましょう。