ニート・フリーターでもどうにかなる人生

よく探せば金の卵も? SOHOサイトを使いこなそう!

フリーランサーの仕事探しの場の中でも、手軽に利用でき、なおかつ規模が大きいのが各種SOHOサイトです。仕事を探しているフリーランサーと、仕事を引き受けるフリーランサーを募集しているクライアントを引き合わせることを目的としているため、仕事探しのために最適な環境が整えられています。安く買い叩かれてしまう仕事もたくさんありますが、焦らずにじっくりと探せば十分な収入につながる仕事を見つけることもできるしょう。

【最大手SOHOサイト「ランサーズ」について】

「ランサーズ」はSOHOサイトの中でも最大規模を誇るサイトです。フリーランサーもクライアントもかなりの数が集まっており、様々な分野の仕事が常に募集されたり引き受けられたりと活発に動いています。単純作業やライティングなど、特別な資格を必要としない仕事であれば受ける仕事がないという状況はほぼないでしょう。そういった環境のため、割の良い仕事もたくさん募集されています。ただしフリーランサー側も数が多いため、待遇の良い仕事はフリーランサー同士での奪い合いになりがちなのが難点です。仕事をきちんと成功させるとクライアントからフリーランサーへの評価が点数として配布されるので、最初のうちは待遇が悪くとも奪い合いにならない短期の仕事をこなし、評価を高めるのも一つの手です。

【「クラウドワークス」は「ランサーズ」と似ている】

「ランサーズ」に次ぐ第二位とも言えるSOHOサイトが「クラウドワークス」です。機能はかなりランサーズと似通っており、クライアントがフリーランサーに評価点数をつけるシステムがあるのも同様です。こちらはランサーズよりは少し落ち着いており、仕事の数もフリーランサーの数もぼちぼちといったところです。割りの良い仕事となるとそう多くはありませんが、代わりに奪い合いにもなりにくい環境です。また、これはランサーズも同様ですが、業務契約を結んだ後、本格的に仕事に取り掛かる前に「仮払い」という形でクライアントが報酬をSOHOSサイトに先払いをします。そのため、仕事を納品したのに報酬未払いで逃げられた、という事態にはまず陥らないのも魅力の一つと言えるでしょう。また、もしトラブルが発生した場合も、状況次第ではランサーズやクラウドワークスの運営が仲介に入ってくれるようです。

【サイトを介さない直接契約「@SOHO」】

前者二つとは異なるタイプのSOHOサイトが「@SOHO」です。前者二つは必ずSOHOサイトを通して契約や相談、報酬のやりとりを行っていましたが、@SOHOはフリーランサーとクライアントが直接契約をする形になっています。そのため、「手数料」や「仲介料」としてSOHOサイトによって報酬から一定額を引かれることがありません。まったく同じ仕事をこなすのであれば、こういった手数料が発生しない分@SOHOがお得となります。ただし、SOHOサイトは仕事に応募するまでの段階でしかサポートをせず、仕事に申し込んだ後はほぼメールやSkypeで直接クライアントと交渉する形になります。そのため、クライアントによる詐欺や報酬の不払いなどのトラブルが発生しても@SOHOに保証や対応を求めるのは難しい環境です。契約書などの金銭にまつわる書類を自分で作成することも多く、仕事以外の面でも慣れや技術を求められるでしょう。フリーランサーとしての活動に慣れてきてから、割の良い仕事をより高い報酬で引き受けるために利用するのがオススメです。