ニート・フリーターでもどうにかなる人生

仕事以外の生活を支えるパートナーがいる

出来るフリーランサーは、決して「非モテ」ではありません。仕事以外の生活を表からも裏からも支えてくれる、パートナーの存在が大きいのです。出来るフリーランサーは、仕事以外のプライベートの充実が特徴と言えるでしょう。

出来るフリーランサーには、仕事以外の生活を支えてくれる異性のパートナーがいます。普段、仕事に集中出来るのも、心の支えとなってくれる特定のパートナーがいるから。表からも裏からも、強力なサポートをしてくれることで仕事にも結果が出るのです。出来るフリーランサーは決して、「非モテ」ではありません。

【出来るフリーランサーに生活を支えるパートナーがいる】

出来るフリーランサーの多くには、プライベートの生活を大きく支えてくれる特定のパートナーの存在があります。ここでのパートナーとは、異性のパートナーですね。男性だったら、彼女だったり妻だったりします。

仕事が出来るフリーランサーの男性は、人間的にも魅力があるので女性からモテます。また、経営が順調ならば自由にできるお金も多いことでしょう。仕事が順調でお金があれば、女性にも優しく接することが出来るほか、デートでケチケチすることもありません。こうして考えると、仕事が出来るフリーランサーに特定のパートナーがいることが多いのも、納得ですね。

【精神的な安定は仕事でも高いパフォーマンスにつながる】

特定のパートナーを持つフリーランサーは、精神的な安定を保つことが出来ます。精神的な安定は、仕事でも高いパフォーマンスを出すことにつながるので、ますます経営の効率が良くなるでしょう。すると、業績もさらに上がって収入も増えてくるというわけです。

異性のパートナーがプライベートでの支えになるということは、想像以上に良い方向に働きます。反対に、プライベートでの問題をひとりで抱える場合は、仕事にもマイナスの影響が出やすいこともたしか。フリーランサーにとっては、自分の力だけが頼りなのですから、仕事のパフォーマンスが落ちることは致命的なダメージにもなる可能性があります。

出来るフリーランサーは、プライベートの充実が仕事面で向上するために大切だと言うことをよく理解しています。今、特定のパートナーがいる人はどうかその異性を大切にしてください。また、残念ながら特定のパートナーがいない人は、今後出会う異性と良好な関係を持てるようにがんばってください。

【孤独ではないので性生活の不満が少ない】

異性のパートナーがいるということは、性生活の不満が少ないことも暗に意味します。セックスの不満が少ない生活は、特に男にとってはかなり重要。なにしろ、日々もやもやしなくて済みますからね。

異性のパートナーを持っているということは、男性としての自信を高めることのほかにも、性欲の行き場が確保で出来ている点が大きいのです。男性の性欲の強さは、本能として仕方ありません。ひとりで悶々としているフリーランサーと比べて、確実に有利な状況であることは間違いないでしょう。

ただし、性生活が満たされていることで仕事にも精が出るからとがんばり過ぎると、いつしか体に大きな負担となって、バイアグラのお世話になることもあるかもしれません。夜パートナーをがっかりさせないためにも、仕事に没頭しすぎることなく、ほどほどにしておいてください。いったん体を壊してしまうと、治療には時間がかかりますからね。

【まとめ】

仕事が出来るフリーランサーにとって、仕事以外の生活を表からも裏からも、さまざまな点から支えてくれる異性のパートナーは大きな存在です。モテる男は仕事が出来ますし、お金が入ってきてますますモテる、という好循環が生まれるでしょう。仕事に集中して成果を上げるにも、精神的な安定が大切。異性のパートナーを持つことは、フリーランサーにも重要なことなのです。