ニート・フリーターでもどうにかなる人生

クライアントに対して必要以上に値引きを行わない

クライアントから提示された予算で契約書を交わし、実際に仕事を受けた後でも、クライアントが更なる値引きを求めたり、強要してきたりすることもあります。正当な理由がない限り、安易な値引きをすることは避けてください。また、長年お世話になっているクライアント相手でも、必要以上の値引きをすることは、値引きの常習化を招きます。結局は、自らの利益を大幅に減らす結果になってしましますよ。

【値引きを強要するクライアントには安易に応じない】

クライアントにしてみれば、発注料金が安く済むことに越したことはありません。そのため、何かにつけて料金の値下げが出来ないか問い合わせてくるところもあるでしょう。しかし、値引きを強要するクライアントには安易に応じないようにしましょう。

一度値引きを許したクライアントは、次回も必ず値引きを期待するもの。1回だけならばなんとか回すことが出来ても、次回以降も正当な料金がもらえないのであれば利益が減ってしまいます。これでは、出来るフリーランスとは言えませんね。

値引きをすることはクライアントにとっては利益になっても、みなさんにとっては損害。本来ならば同じ仕事をしてもらえるはずだった利益を、わざわざ減らしていることに違いないからです。

【長い付き合いのクライアントにも値引きしすぎない】

長い付き合いのあるクライアントには、どうしても情がわきますよね。しかも、担当者と仲が良かったり良い感じの人物であったりすると、つい値引きをしてあげたくなることもあるでしょう。お世話になったクライアントならば、先方の費用削減・利益増大にもできるだけ貢献したいですからね。でも、いくら長い付き合いのあるクライアントであっても、値引きしすぎないことが大切です。

長く付き合ってくれているクライアントには、感謝することは必要です。しかし、こちらの利益を度外視してまでの値引きを行うと、何のために仕事をしているのか分からなくなってしまいます。みなさんは、ボランティアで仕事をしているわけではありません。フリーランスとして、立派に事業を立ち上げて利益を得て生計を立てている立場であることを忘れないでください。情に流されて値引きをしすぎないことも、大切ですよ。

【安易な値引きは売上ダウンになり仕事漬けの毎日に】

また、安易な値引きは当然ながら売上をダウンさせることになりますから、営業不振に直結します。そうなると、より多くの仕事を受注しなくてはなりません。値引きを行ったばかりに、本当ならば受注しなくて済んだ仕事をやらざるを得なくなるのです。

これは、いわゆる仕事漬けの毎日になる危険性を含んでいます。よく、働いている時間の長さの割には給与が少ない労働者のことをワーキング・プア、と言ったりしますよね。みなさんも、状況によっては仕事をいくらこなしても利益が上がらない状態になって、ワーキング・プアと何ら変わりなくなってしまいますよ。

【まとめ】

値引きをすると、クライアントはとても喜ぶでしょう。値引きは、クライアントの利益を増やしますからね。でも、反対にみなさんの利益を減らしてしまい、ほかの仕事量を増やすだけの結果になりかねません。値引きを強要するクライアントには、正当な理由なくして安易に応じないことが大切。また、長い付き合いのある大切なクライアントであっても、利益を度外視した仕事をする必要はないことも肝に銘じておきましょう。せっかくのフリーランスです、ワーキング・プアにならないようにしたいですね。