ニート・フリーターでもどうにかなる人生

フリーターはクレジットカード審査に不利

フリーターになると、クレジットカードを新しく作りにくくなることを覚えておいてください。理由は、フリーターは会社員のように定職に就いていない人と見なされるから。つまり、安定した収入が見込めない人なので支払いが滞る可能性があると思われてしまうのです。

【フリーターは非正規社員扱いで信用度が低い】

フリーターという立場だと、世間では非正規社員扱いになります。つまり、常時雇用ではないので、安定した収入が見込めない働き方をしている人と見なされるのですね。非正規社員は、社会的な信用度が低いのが現状。企業の正社員と比べて、クレジットカードを作るときに不利になってしまうのは仕方のないことなのです。

クレジットカード会社も、非正規社員の立場では将来的に支払いが滞る確率が高いと考えるわけです。もしも、安易にクレジットカードを発行したことで支払いが滞れば、会社の不利益になってしまうので、できるだけリスクは避けたいのでしょう。

自分はフリーターだけど、安定した収入を得ているのに差別ではないのかと怒る人もいるかもしれません。ですが、一般的には継続して一定の収入が見込める立場の人を信用して発行されるものが、クレジットカードなのです。その場での支払いではなく、翌月に延ばしてもいいですよ、と認められるにはクレジットカード会社が定めた基準をクリアする必要があることは理解しなくてはなりません。

【流通系のクレジットカードなら可能性もある】

もしも、フリーターになってからクレジットカードを作りたいのならば、流通系のクレジットカードならば発行しやすいかもしれません。流通系のクレジットカードの発行目的は、その商業施設なりショッピングサイトなりでたくさん買い物をしてもらうこと。つまり、まずは発行しないことには、顧客の流入を狙えないからです。

なので、銀行系のクレジットカードよりも、流通系のクレジットカードの作成を考えてみましょう。インターネット通販大手が発行しているクレジットカードならば、審査も一般的な基準よりゆるいはずです。ただし、年収欄や職業欄についてはありのままを記入してくださいね。クレジットカードを発行する前には、他社と同じく信用調査として申告され、申告内容に不備はないか、不正はないか、などチェックされますよ。

【安定した収入確保まではクレジットカードの使用を控えよう】

クレジットカードを無事に発行してもらうことができても、フリーターで安定した収入を確保できるまでは、使用を控えめにすることが大切です。クレジットカードは、現金を持ち合わせていなくても欲しいものを手に入れることができる魔法のカード。身の程知らずの買い物をしてしまって、後から支払いが不可能にならないように、注意してください。

定職に就いている会社員でも、クレジットカードはつい使い過ぎて破産する人もいます。そう考えると、フリーターの期間はあえてクレジットカードを持たないと決めても良いのではないでしょうか。もしも、自分に浪費グセがあったり、買い物の衝動が抑えられるか心配だったりする人は、クレジットカードの発行を待った方がいいかもしれませんね。

【まとめ】

クレジットカードは、現金を持ち合わせていなくても後払いで欲しいものを手に入れることができる魔法のカード。そして、悪魔のカードでもあるのです。支払いできる範囲を超えて買い物をしてしまいがちな人は、フリーターの期間はあえてクレジットカードを持たない、作らないという方針で過ごすことも考えてみましょう。