ニート・フリーターでもどうにかなる人生

人生は流れる~人生の一時期くらいは、フリーランスで暮らし

力を抜いても、生きていける

人は働かなくてはいきていけない…それも確かに真理でしょう。しかし「働かなきゃ」「働かなきゃ」と焦って面接を受けまくることだけが、本当の「就職活動」なのでしょうか? 気ままに暮らしていても、思いがけないところで社会との接点が生まれることもあります。

あまり生き急がず、人生の一時期くらいは、フリーランスで暮らしてもいいはずです。



焦りは人生を消耗させるだけ

「人間なら仕事をして生きていくのは当たり前」確かにその通りでしょう。労働は日本国憲法で定められた国民の義務でもあります。しかし、このご時世、仕事は簡単に見つかるものではありません。「頑張らなくちゃ」と意気込んでも、どうにもならないこともあります。生きていく上では、「運」や「タイミング」の訪れを待つことも、重要なことです。

面接に連敗すると、「焦り」が生まれます。「何とかしなきゃ」「この職場ならどうにかなるかも」…そんな焦りが良い結果を生むはずもありません。「仕事にあぶれています」という焦りは、表情ににじみ出ます。そんな余裕のない人間を雇ってくれる企業はありません。

失敗続きで人生に挫けそうになっても、滅入ることはありません。一度フリーランスになり、精神をリセットしましょう。何か新しい「価値観」が見えてくるかもしれません。

ささいな出会いが広げる可能性

フリーランスの生活を送っていると、意外な場所で人との接触があります。何となく行ってみた銭湯で、ゲームセンターで、図書館で…何も会社や職業安定所でなくても、多くの人々と出会うことは可能です。そして出会いは、仕事や儲け話を連れてくることもあります。

何時に寝て何時に起きようと、その人の自由です。何を食べようがどこに行こうが、フリーランス生活者は誰に咎められることもありません。でも、人間との交流だけは欠かさないこと…この一点だけを肝に銘じていれば、いつか必ず社会に復帰できる日はやって来ます。

くよくよしても、どうにもならない

当たり前のことですが、ネガティブな気持ちは何も生み出しません。状況を悲観しても現実を変えるのは不可能です。確かにフリーランスの生活を続けていく中では、辛いことも少なくないでしょう。しかし逆境に屈しない人にだけ、明日が待っているものです。

踏ん張って生きる必要はありません。少し肩の力を抜いて、自由な生活を始めませんか?