ニート・フリーターでもどうにかなる人生

同志と交流できるサロン~スカイプ・LINEでぬるい生活

スカイプ・LINEでぬるい生活に刺激を!

自由な生活を送っていると、どうしても一般的な社会人たちとは遊ぶ時間も合わず、孤立してしまいがちです。フリーランス生活者が人とコミュニケーションするためには、同志を発見するのが1番! 有益な情報を交換するためにも、無料通話アプリを使いましょう。



スカイプとLINEは欠かせない

無料通話アプリにもいくつかの種類があります。中にはフリーランス生活者には向かないアプリもあるので、選別が必要です。30歳・40歳を超えている人には、スカイプが良いでしょう。ユーザーの年齢層も幅広く、同年代の仲間と知り合える可能性も高めです。

10代・20代のフリーターたちには、LINEがおすすめ。比較的若年層の利用者が多いので、境遇も似ていて、話が合う仲間を見つけられるでしょう。

ちなみに通話の音質はスカイプ>LINEです。直接的なコミュニケーションを楽しみたいときには、ワイファイ、LTEなどに繋いだスカイプが最高の手段となります。

関連アプリで仲間を探そう

上に紹介した2つのアプリのユーザーは、関連アプリ、あるいは関連サイトを使って探します。スカイプならば、「スカイプちゃんねる」というサイトがおすすめ。投稿の頻度も高く、さまざまな趣味を持った人々が、話の分かる仲間を求めています。健全な雰囲気なので、この手のサイトにありがちな胡散臭い空気が嫌いな人でも、気軽に利用できます。

「ひまかまちょ」は、LINEユーザーが多いアプリです。きわどい書き込みもちらほらと見られるので、サクラに引っかからないよう、注意して使ってください。

楽しいコミュニケーションと、耳より情報を

対人的なコミュニケーションには、それ自体に「刺激」が含まれています。ただ何となくチャットをやり取りしているだけでも、それが話の合う相手ならば、満足した気分になれます。日常に退屈を感じているフリーランス生活者には、良い暇つぶしとなるはずです。

もし住んでいる場所が近い仲間に巡り会えれば、地域の耳寄りな情報を交換すると良いでしょう。「あの店が安い」「この場所が面白い」…ただ生活に役立つだけでなく、そんな話をするのも、なかなか面白いものです。直接会って遊ぶのも、もちろんアリでしょう。