ニート・フリーターでもどうにかなる人生

大公開☆ただで遊べるスポット

ゲームセンターでできる3つのタダ遊び

お金がなくても、ゲームセンターで遊ぶことはできます。玄人の超絶なゲームテクに感動し、人間観察を楽しみ、そしてナンパも…。活気に満ちたゲームセンターで、憂鬱な気分を吹き飛ばしましょう。



ゲームセンターは、絶好のタダ遊びスポットです。「お金がなければゲームなんてできないじゃないか」と不審な顔をする人もいるかもしれませんが、何もゲームばかりが遊びではありません。人がゲームに興じている姿を眺めるのも、なかなか有意義なものですよ。

何コレ!? なテクニックに唖然&感動

ゲームセンターには、時折、驚くべきテクニックを持った玄人がいます。特に見ていて面白いのが、リズム系のゲームで遊んでいる人。目にも止まらぬスピードで手足を動かしているゲーマーを見ていると、「この人は自分と同じ人間なんだろうか」と唖然とし、同時に感動してしまいます。リズム系の玄人たちは、


また、ゲームセンターの人気者でもあるようです。彼らの背後には、層になってオーディエンスが集まっていることもあります。

人間観察の場としても

「彼らは一体どんな生活を送っているんだろう」…そんな、ちょっと首をひねりたくなるような人たちも、ゲームセンターには数多くたむろしています。昼間からお酒を片手に格闘ゲームに興じているおじさん、なぜか着物をまとってコインゲームに没頭している貴婦人。そのような珍妙な人々を観察するのも、ゲームセンターの楽しみ方の1つでしょう。

ナンパと仲間探しもはかどる

ゲームセンターには、若い女の子が多いのも特徴的です。悲しい目をして1人でぶらついているOLを見かけることもあります。ゲーセンで時間を過ごしている、ということ自体が、「私はヒマです」というサインのようなもの。こちらと利害が一致しているので、思いきって「何してるの?」「食事でもどう?」と誘えば、案外簡単に遊んでくれるかも…!

また、平日のゲームセンターにはフリーランス生活者も多数集まります。自分と同じような匂いを発散している人に声を掛ければ、交友関係が広がる可能性もあります。仲間ができれば、ニート・フリーター生活もずいぶんと華やいだものとなるはず!

ゲームセンターには、常に活気が満ちています。猥雑な雰囲気に触れれば、日常の鬱屈も吹き飛ぶかもしれません。気分転換に覗きに行くのも、有意義な利用法でしょう。